国指定 西南戦争遺跡

西南戦争弁当

西南戦争時の陣中食を再現しました

西南戦争当時、兵士が食していた食事を再現し、「食」という切り口から「西南戦争」をより身近な歴史として感じてもらい、理解を深めてもらうという目的で、玉東町西南戦争遺跡活用地域活性化プロジェクト委員会が考案し、地元の食品業者と共に制作を始めました。玉東町の地元の食材をふんだんに盛り込んだ地産地消のお弁当です。

官軍飯官軍飯

政府軍(官軍)第一旅団会計部長・川口武定が書いた「従征日記」には、戦時の食事情を垣間見ることができます。

兵士の士気を高める為、軍中の不便な折、調達や調理方法等、大変気を使っていたようです。また、「陣中煮しめ」など様々な非常食が考えだされたことも記されています。

西南の役弁当官軍飯(弁当・定食) 価格800円(税込)

官軍飯1合の精米を丸いおにぎりにした「団飯(だんぱん)」。梅干しや味噌を中にいれて、二つを1包として兵士に支給されていた-という記録を元に再現しました。(さすがに2合は食べきれないという声から、おにぎりは一つです。)
おかずも充実していたという記録から盛り込んでいます。実際は、紙や藁に包んで運搬・提供されていたようです。明治十年の陣中弁当、是非ご賞味ください。

官軍飯価格800円税込み3日前まで要予約

西南の役弁当薩軍飯(弁当) 価格800円(税込)

官軍飯薩軍に関しては、記録があまり残っていないため、各地に残る伝承を元に再現しました。敗走する薩軍が腰に下げていたといわれる鹿児島名産「あくまき」を元に竹の皮でもち米を包んだ「鬼拳(おにこぶし)」がメインです。

薩軍飯価格800円税込み3日前まで要予約
お問い合わせ 玉東町教育委員会